Let's!ガーデニンGooooods♪

初心者のための「ガーデニング関連グッズ」専門サイト!

洗える立体マスクの作り方!手作り用の型紙を無料ダウンロード♪

投稿日:

洗える立体マスクの作り方!手作り用の型紙を無料ダウンロード♪

 
花粉症の方にとって、
『マスク』は、もはや生活必需品と言っても過言ではありません!

特に、最近では「コロナウィルス」対策で、
外出時には、マスクを着用していない人のほうが少数派となっています。

 
その影響で、当たり前の様に購入できていたマスク類は、
かなり「入手が困難」な状態となってしまっています w。

そのため、使い捨てのマスクでさえ、
なかなか使い捨てできないので、衛生面でも不安になってしまいますよね?

 
そこで、今回は『洗える立体マスクの作り方を、
手順に沿った写真付きで、詳しくご紹介します。d^^

型紙を無料でダウンロード」して、手作りできるので、
できれば SNSなどで拡散して、シェアしていただければ幸いです♪


Sponsored Link

手作りの「洗える立体マスク」

今回手作りするマスクは、
「洗えるマスク」というのが大前提です!

また、その他にも、

  • ポケット付きで、ガーゼやティッシュが入れられる!
  • ノーズワイヤーを自由に出し入れできる!
  • メガネが曇りにくい立体3層構造
  • 耳が痛くならない
  • 好みの生地やデザインで作れる!

といったコンセプトで、手作りしてみました。d^^


無料型紙で手作り♪「おしゃれな洗える立体マスク(ポケット付き)」の作り方

吹き出しicon「R02」

基本的には、ミシンで縫って作っていきますが、
もしミシンがない場合は、手縫いでも可能な範囲だと思います。

もちろん、それなりに時間はかかってしまいますが... w

 

無料の型紙で手作り♪「立体マスク」の作り方

実際に、顔の形にフィットする様に、
何度か試作を繰り返して、今回の『型紙』を作成しました。

無料の型紙で手作り♪洗える立体マスクの作り方!(装着イメージ)

 

型紙は「レディースサイズ」となっているので、
一般的な女性の方でしたら、
おそらく、ある程度はピッタリサイズで使用できると思います。

吹き出しicon「L01」

女性でも顔が小さい(または 大きい)場合や、男性の方は、
ダウンロードした型紙を使って、内側(または 外側)へ、
縫う場所をズラすことで、簡単にサイズ調整することができます♪

吹き出しicon「R02」

ちなみに...
5mm内側(外側)を縫えば、マスクの全体大きさは、
約1cm小さい(大きい)仕上がりサイズになりますよっ。d^^

 

立体マスクの「型紙」をダウンロード

今回は、型紙を使用して作りますので、
立体マスクの『型紙』をダウンロードしたら、プリンターで出力して、
「外布カットライン」に沿って、切り取っておいてください。


立体マスクの作り方「型紙」を無料ダウンロード!

吹き出しicon「L01」

ちなみに...
保存したダウンロードファイル(ZIP形式)を、
ダブルクリックで展開すると、PDF形式のファイルになります。d^^

 

予め『サイズ確認』をしたい場合は...

「仕上がりサイズ」で切り取った型紙用紙2枚(合わせ部分の余白を少し残す)を、
ホッチキスなどで留めて、実際に自分の顔に当ててみましょう♪

吹き出しicon「L01」

顔の形やサイズは、それぞれ異なるので、
自分の顔にあったサイズに「微調整」することで、
よりフィット感が増して、着け心地がUpしますよっ。d^^


Sponsored Link

洗える立体マスクの「作り方」

マスクを作るにあたって必要となる、
材料と道具類を、まずは確認しておきましょう。d^^

 

「必要な材料」

  • 【必要な材料】


    無料の型紙で手作り♪「洗える立体マスク」の作り方(必要な材料)

    • 布生地(20cm×20cm ※外布・中布・内布 各2枚)
    • ストッキング(2cm×20cm程度)
    • ワイヤー(7cm程度)
       
  • 吹き出しicon「R02」

    外布・中布・内布は、別々の生地を使用しましたが、
    同じ生地を使用しても構いませんよっ。d^^

    ※ ノーズ用のワイヤーは、使い捨てマスクの物を再利用しましたが、
     電化製品のケーブルや、お菓子の袋に付いている物でも構いません。
     

  • 【必要な道具類】
    • ミシン
    • アイロン
       
  • ※ 他の道具類は、
     「ハサミ」「チャコペン」「まち針」「ゴム通し」を使用します。
吹き出しicon「R02」

「外布」以外の布生地は、100均ショップで購入しました♪
 (※ 外布は、家にあった生地を使用しました w。)

 

「手作りの工程」と「作り方手順」

型紙と材料の準備ができたら、さっそく作っていきますが...
まず最初に、全体の流れ(作業工程)を把握しておきましょう♪

手作りの作業工程

  1. 型紙から生地を切る!手順①~
      ↓
  2. 内布(③)を作る!手順②~
      ↓
  3. 中布(②)を作って、内布と縫い合わせる!手順⑤~
      ↓
  4. 外布(①)を作り、3枚を縫い合わせる!手順⑧~
      ↓
  5. 裏返してアイロンをかける!手順⑨~
      ↓
  6. ゴムを通して、ノーズワイヤーを入れる!手順⑩~

 
ではさっそく、作っていきましょう♪

 
【作り方手順】


  • 無料の型紙で手作り♪「洗える立体マスク」の作り方 手順1~3

  • まずは、生地に型紙を当てて、
    「外布」「中布」「内布」3種類の形を、生地から切り取ります!
    (※これらは、同じ生地を使用しても構いません!)

    生地を2つ折りにして、型紙に合わせてそれぞれカットします!

    作る際のコツ・ポイント

    生地は、左右1組(表と裏)がワンセットになるので、
    3組分(計6枚)を切り出します d^^


  • カットした内布(③)を中表に合わせて、
    カーブになっている側を、1cm幅のところで縫い合わせます!

    作る際のコツ・ポイント

    ズレないように、まち針で留めてから縫いましょう♪
    縫いづらくなるので、まち針は深く刺さないようにしましょう d^^


  • 表側を手前にして広げ、手順②の縫い代部分を左側に倒し、
    表側の中心から5mm左(倒した)側を縫って、はみ出た部分の生地をカットします!

    作る際のコツ・ポイント

    この次に、倒した部分を縫っていくので、
    しっかり広げながら、まち針で留めておくと縫いやすくなります d^^

    ※写真では、分かりやすいように「内側」になっていますが、
     きれいに仕上がる様、『表側』からミシンで縫っていきましょう!

    同様の手順で、外布(①)・中布(②)も作っていきます!

    ※手順①~③までは、「外布・中布・内布」すべて同じ工程なので、
     3枚とも一緒に作ってしまいましょう!


  • 無料の型紙で手作り♪「洗える立体マスク」の作り方 手順4~6

  • 端の部分を表側へ1cm折って、アイロンをかけてから、
    さらにもう1度折って、アイロンでしっかり折り目を付けて縫います!

    反対側の端も、同様に縫っていきます!

    作る際のコツ・ポイント

    事前(縫う前)に、両サイドにアイロンをかけておきましょう d^^


  • 同様の手順(①~③)で行なった「中布(②)」を用意します!
     

  • 手前に外側がくる様に、「内布(③)」の中央に「中布(②)」を、
    『同じ向き』で合わせて、まち針で留めたら、
    しっかり生地を合わせて、反対側の中心もまち針で留めます!

    作る際のコツ・ポイント

    すべての生地を縫い合わせたら、最後に『裏返す』ので、
    「表」と「裏」を間違えない様に注意して縫い合わせましょう d^^


  • 無料の型紙で手作り♪「洗える立体マスク」の作り方 手順7~9

  • しっかり生地を合わせて「内布(③)」の端をまち針で留めたら、
    ワイヤーポケット部分を、鼻側(山が大きい側)に沿って『2cm幅』で、
    アゴ側(山が小さい側)は、『5mm幅』で縫っていきます!

    作る際のコツ・ポイント

    まち針で留める箇所を増やすと、ズレにくくなりますよ~ d^^


  • 同様の手順(①~③)で行なった「外布(①)」と、
    手順⑦で縫い合わせた「内布(③)中布(②)」とを『中表』になる様に重ねます。

    同じ様に、しっかりとまち針で留めたら、
    今度は、鼻側とアゴ側どちらも『1cm幅』で縫っていきます!

    作る際のコツ・ポイント

    しっかりと中心を合わせて、外布(①)がたるまない様に、
    気をつけて縫い合わせれば、きれいに仕上げることができますよ d^^


  • 縫い合わせた生地を、「外布(①)」「内布(③)中布(②)」の間で、
    くるっと裏返したら、アイロンをかけながら形を整えます!

    作る際のコツ・ポイント

    耳側になる端までしっかり広げて、アイロンをかけておきましょう d^^


  • 無料の型紙で手作り♪「洗える立体マスク」の作り方 手順10~12

  • 端の部分を、内側に1cm折ってアイロンをかけてから、
    さらにもう1度折って、アイロンでしっかり折り目を付けて縫います!

    反対側の端も、同様に縫っていきます!

    作る際のコツ・ポイント

    両端を折り曲げた際に、
    マスクを半分に折って、左右の長さを調節しておきましょう♪

    また、折り曲げた時に、
    ほつれた糸が出ている場合は、カットしてきれいに整えましょう d^^


  • 最後に「耳のゴム」を作って付けます♪

    ストッキング(20cmぐらい)を、2cm程度の幅でカットしたら、
    両サイドに引っ張ってゴム紐を作り、手順⑩で折り曲げた中に通します!

    マスクを顔に当て、ゴム紐を調節して結んだら、
    余った部分を切って、生地の中に結び目を隠します!

    作る際のコツ・ポイント

    ゴム紐ならどんな物でも構いませんが、このストッキングで作るゴム紐は、
    コストも安く何本でも作れて、さらに耳も痛くない!という優れものなんですよ♪


  • 好みの長さのワイヤーを、ワイヤーポケットに通したら『完成』です!

 
 
 
いかがでしたか!?

 
手順説明が長くて、一見難しそうに思えてしまうかもしれませんが...
実際に一度作ってみると、
3層構造の立体マスクが、意外と簡単に手作りできてしまうと思います。

 
少し慣れれば、短時間で作れるようになるので、

  • 洗い替え用に...
  • デザイン違いで...
  • 生地の素材を変えて...
  • 家族用に...
  • ちょっとサイズを変えて...

と、思わず何枚もマスクを作ってしまいますよっ w。d^^


Sponsored Link

-ハンドメイド・DIY
-, , ,

Copyright© Let's!ガーデニンGooooods♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.