Let's!ガーデニンGooooods♪

初心者のための「ガーデニング関連グッズ」専門サイト!

リボンで作るバラの作り方(3種類)!簡単にできる糸なしの方法はコレ

更新日:

リボンで作るバラの作り方(3種類)!簡単にできる糸なしの方法はコレ

 
手作りした「かわいい髪飾り」を、
友達にプレゼントしたい! と思っている...。

 
決して器用ではないけれど、
手作りすることは大好きなので、いろいろ作ってはいるものの、
裁縫がどうも苦手な私でも、簡単に作れるものはないか?

 
この様に、苦手意識があっても、
ぜひとも作ってみたいもの!ってありますよねっ!?

特に、髪飾りやコサージュなどの装飾品は、
どうしても、針と糸で縫って作るものが多くなってしまいます。

 
今回は、
『リボンで作るバラ』の簡単な作り方を紹介しますが、

  • 針と糸を使って作る方法
  • グルーガンを使って簡単に作る方法
  • さらに簡単!糸なしで作る方法

この3種類の作り方を、手順に沿った写真付きで解説していきます!d^^

 
慣れてしまえば、短時間で簡単に作れてしまうので、
ちょっと不安な方でも、ぜひ作ってみてください♪


Sponsored Link

リボンを使ってバラを手作り

 
結んだだけでもかわいい『リボン』

そんな「リボン」が、
いろいろな形になる事を知っていますか?

 
結ぶだけなんて、もったいない!

少し手を加えるだけで、
さらに、リボンがかわいくなってしまうんです。d^^

 
今回は、その「リボン」を使って作る『バラの花』
3種類の作り方を、紹介したいと思います!

 


 
【追記】

初心者でも簡単にできる!
リボンで作る「リアルなバラの花」の作り方 を更新しました!

リボンの花の作り方♪「バラ」をリアルに手作りする方法はコレ!


 

簡単!リボンで作る3種類のバラの作り方

では、ここからが本題、
さっそく、作っていきましょう♪

吹き出しicon「L01」

ちなみに ... 切ったリボンの端はすべて、
ライターであぶることで、「ほつれ防止」処理しています!

 

リボンで作るバラの作り方 A「針と糸を使う!」

まずは、
簡単にできる、「糸で縫って留める作り方」からです!

吹き出しicon「L01」

各画像は、クリックで拡大表示します!

作り方A 手順

「針と糸」を使う作り方

16mm幅のリボンを、20cmに切ります。

リボンで簡単♪バラの作り方「A.針と糸を使う」手順 1

 
裏側に向けたリボンの端を、三角に折ります。

写真の様に、右手側の部分を後ろに折り曲げます。


リボンで簡単♪バラの作り方「A.針と糸を使う」手順 2

 
折り曲げた部分が少し残るぐらいまで、下側をきつめに巻いていきます。

巻いた部分の中心あたりを、糸で縫います。(縫った糸はそのままにしておく!)
 ※ 糸が見やすい様に、解説写真では「黒い糸」を使用して縫っています。

また、右手側の部分のリボンを、後ろに折り曲げます。


リボンで簡単♪バラの作り方「A.針と糸を使う」手順 3

 
手順④と同様に、折り曲げた部分が少し残るぐらいまで巻きます。

手順⑤で縫ったあたりを、また糸で縫います。

同様に、右手側部分を折って巻きますが、
 写真の様に、このあたりで持ち方を変えると作りやすいです。d^^


リボンで簡単♪バラの作り方「A.針と糸を使う」手順 4

 
再び、糸で同じ箇所を縫って留めます。

好みの大きさまで、この作業を繰り返し、
 後ろをしっかり留めたら、持っていた部分を切り落とします。

はみ出た部分を切って、後ろで留めれば「完成」です!

 

②リボンで作るバラの作り方 B「グルーガンを使う!」

次は、「グルーガン(ホットボンド)」を使う方法ですが、
基本的な作り方は、上述の「針と糸」を使う方法と同じです。

吹き出しicon「L01」

糸で縫って留めるよりも、遥かに簡単にできるのですが...
細いリボンを使った、小さいサイズの花だと、
厚みが増して、コロっとした形になってしまいます。

ですので、
太めのリボン(25mm幅)を使い、少し大きめの花を作っていきます。

作り方B 手順

「グルーガン」を使う作り方

25mm幅のリボンを、50cmに切ります。

リボンで簡単♪バラの作り方「B.グルーガンを使う」手順 1

 
「針と糸を使う作り方」の手順②~④と同じですので、上述を参照してください。

「グルーガン(ホットボンド)」を使って固定します。

「針と糸を使う作り方」の手順⑤~⑧と同様に行ない、糸で縫う箇所を再びグルーガンで留めます。

同様の手順を繰り返します。

好みの大きさでリボンを切って、グルーガンで留めれば「完成」です!

 
 ※大きいリボンの場合、抑えながら巻いていく作業が難しく、
  どうしても緩んだりして、形が上手く作れない場合があります。

吹き出しicon「L01」

そんな時は、「グルーガン」があれば、
裁縫の苦手な方でも、簡単に作れる便利なアイテムです!

最近では、
グルーガンも、100均ショップで売っているので、
これを機に、購入するのもいいかもしれませんね。d^^
(100円の商品ではありませんが...w)

 
リボンで作った「バラ」と、「グルーガン」を使って、
かわいい『トピアリーを作ってみました♪

吹き出しicon「L01」

リボンフラワー(バラの花)は、どの作り方でもOKですよっ!

トピアリーの作り方!花は100均アイテムで作ったリボンフラワー♪

 

③リボンで作るバラの作り方 C「糸なしで作る!」

今回の3種類の作り方の中では、最も簡単な作り方です!

吹き出しicon「L01」

「折る → 引っ張る → 結ぶ」だけで作れてしまうので、
糸やボンドなどの、留める道具も必要ありません。

作り方C 手順

「糸なし」での作り方

16mm幅のリボンを、50cmに切ります。

リボンで簡単♪バラの作り方「C.糸なし」手順 1

 
リボンの中心あたりで、重なる部分が三角になる様に折ります。

右手側のリボンを、手順②の三角に合わせながら左に折ります。


リボンで簡単♪バラの作り方「C.糸なし」手順 2

 
もう片方(手前側)のリボンを、手順②③で折った上に合わせながら折ります。

折った塊が7個ぐらいになるまで、同様の作業を繰り返したら、裏返します。

折り曲げた最後の部分を左手で、折り始めの部分を右手で抑えます。


リボンで簡単♪バラの作り方「C.糸なし」手順 3

 
右手を放して、左手で抑えている上の1本を引っ張ります。
 (この時、引っ張り過ぎない様にしてください。)

引っ張りながら、表側(バラの花びら)のバランスをとります。

後ろで結び、余ったリボンを切れば「完成」です!


Sponsored Link

糸なしでもOK!リボンで簡単に作れるバラの作り方「まとめ」

 
どうでしたか?

意外と簡単に作れたでしょ!?

吹き出しicon「L01」

どれも簡単に作れるので、
用途によって使い分けるのも、いいかもしれませんね!

 
では最後に ...

今回、リボンを使って作ったバラ、
3種類の作り方の「メリット」「デメリット」について、まとめてみました!

 
 糸なしでもOK!リボンで簡単に作れる「3種類のバラの作り方」

  • A「針と糸を使う!」
    • 【メリット】きれいに仕上がり、崩れにくい!
    • 【デメリット】裁縫が苦手な方には、すこし難しく思える!
  • B「グルーガンを使う!」
    • 【メリット】大きいリボンも、素早く作れる!
    • 【デメリット】グルーガンを持っていないと作れない!
  • C「糸なしで作る!」
    • 【メリット】リボンだけで、素早く簡単に作れる!
    • 【デメリット】花を固定しない分、形が崩れやすい!

大きく分けると、この様になります。

吹き出しicon「L01」

例えば、
「裁縫が苦手で、グルーガンを持っていない!」といった場合は、
C の『糸なしでできる方法』で作ってみましょう。d^^

 
この様に、3種類の作り方があれば、
「自分に合った作り方」が見つかりますよねっ!d^^

 
どの方法でも、けっこうかわいく仕上がるので、
ぜひ、作ってみてください♪


Sponsored Link

-DIY
-, , , , , ,

Copyright© Let's!ガーデニンGooooods♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.