Let's!ガーデニンGooooods♪

初心者のための「ガーデニング関連グッズ」専門サイト!

リボンの花の作り方♪「バラ」をリアルに手作りする方法はコレ!

投稿日:

リボンの花の作り方♪「バラ」をリアルに手作りする方法はコレ!

 
「リボンで作るバラの花」を作ってみたいけど、
なかなか難しくて、うまく作れない...w。

また、作ってみたことはあるけど、
もっと「リアルなイメージのバラ」を作りたい!

 
一見この相反する2つを、
もし、同時に叶えることができたら・・・!?

 
当然「リアルなバラの花」を作るとなると、
難易度も高くなり、その作り方も限られてきてしまうのです!

 
しかし!

何とかして、誰でも簡単に作れる方法はないか? と、
試行錯誤を重ねて、今回ご紹介する作り方にたどり着きました(汗)。

 
ですので、今回はもちろん、
リボンで作る「バラの花の作り方」と、
「作る際のコツ」について、手順に沿った写真付きで詳しく説明していきます。d^^

吹き出しicon「L01」

簡単にできる割には、リアルなバラの花が作れるので、
どんなアクセサリーのパーツに使っても、完成度の高いものができますよ♪


Sponsored Link

リボンの花の作り方

『リボンを使った花』の作り方は、
「リボンを巻いて作る巻きバラ」や、
針を使って糸で縫う作り方」が、一般的かもしれませんね。

 
しかし!

リボンが上手く巻けない... とか、
裁縫が苦手で、針と糸と聞くだけで断念...

といった方も、決して少なくないのではないでしょうか?

吹き出しicon「L01」

そんなアナタには、
今回ご紹介する方法が「ピッタリ」だと思いますよっ d^^

 

バラの花をリボンで手作り

今回作っていくのは、人気の「バラの花」

バラは見栄えもよく、
手作りアクセサリーなどのパーツとしても、
何かと、使い勝手がGoodなのではないでしょうか?

 
「完成形」はこんな感じです。d^^

リボンで手作り「バラの花の作り方」

吹き出しicon「L01」

どうです?
そこそこリアルな感じのバラが、簡単に作れちゃいますよ!

 

リボンで作る「リアルなバラの花」の作り方

では、さっそく作り方の解説をしていきますが、
まず最初に、作り方の手順(流れ)を説明しておきましょう。

 

手作り作業の流れ(工程)

出来上がりを見てみると、工程がたくさんあって、
もしかしたら、複雑で難しそうに感じるかも知れません。

ですが、たった4つの工程でできてしまうので、
意外と簡単に作れてしまうんですよ。d^^

 
作業の流れ(工程)は、以下の様に作っていきます。

  • 1. リボンをカットする!
      ↓
  • 2. ライターで炙って型を付ける!
      ↓
  • 3. 貼り付けて各パーツを作る!
      ↓
  • 4. 作ったパーツを組み合わせる!

 
どうですか?

簡単に言ってしまうと... 「切って」「炙って」「貼り付ける」

たったこれだけで、リアルなバラが作れてしまう。d^^

吹き出しicon「L01」

これはもう、リボンとライターを用意して、
一緒に作っていくしかありませんねっ!(グルーガンもいりますが...w)


Sponsored Link

手作りに必要な材料

必要な材料類

  • リボン(25mm幅)※化学繊維のもの
  • ライター
  • グルーガン
  • ハサミ
吹き出しicon「L01」

この4つがあれば、今すぐ作れますし、
もしない場合でも、すべて100均ショップで購入する事ができますよ~

使用する「リボン」について

絹や綿など「天然繊維のリボン」は、ライターで炙った時に、
切り端の繊維が燃えてしまい、溶けて固まらないので使用できません。

ですので、必ず『化学繊維のリボン』を使用してください!

 

作り方の手順解説

それでは、
さっそくグルーガンを温めて、一緒に作っていきましょ~♪


  • リボンで作る「リアルなバラの花」の作り方 手順1~3

  • まずは、幅2.5cmのリボンを約3cmの長さにカット!(これを21枚作ります。)

    ほつれ防止のため、リボンの淵側(3cm側)を1cm残し、
    2cm(縦)× 3cm(横)の大きさで丸く切って、バラの花びらを作ります!

    【作り方のコツ】

    リボンの幅(2.5cm)の方を縦側に使い、
    「下側を1cm残して、やや横長の丸型を下から切っていく」といった感じです!

    3~4枚を重ね、まとめてカットすると早く作れますが、
    あまり重ね過ぎるとズレてしまうので、多く重ね過ぎないようにしましょう d^^


  • 花びらを半分にして持ち、丸い部分をさらに内側に丸めるようにライターで炙ります!
    (※同様にして、6枚の花びらを作ります。)
     

  • 手順②で作った花びらの端にグルーガンを付け、もう1枚を重ねて付けます
    さらに同じように付けて、全部で3枚繋げてください。

  • リボンで作る「リアルなバラの花」の作り方 手順4~6

  • グルーガンを付けて、端からクルクル巻いていきます!
     

  • 半分から下を、ハサミでカットします!
     

  • 残りの3枚は1枚ずつグルーガンを付けて、外側に巻きながら貼り付けていき、
    3枚付け終わったら、再び真ん中からカットします!

    【作り方のコツ】

    重ならない様にズラしながら付けると、「花びら」らしくなります。d^^
    ※カットした部分は、ライターで炙っておくと「ほつれ止め」にもなります。

  • リボンで作る「リアルなバラの花」の作り方 手順7~9

  • 残りの花びら(15枚)は、ライターで周りを炙ってから半分に折り、
    丸い方の先を炙りながら、先端がとがる様に指先でつまんで付けます!

    【作り方のコツ】

    先端は、3mm程度付けばOKです。d^^

    吹き出しicon「L01」

    指先でつまむ時は、熱いので注意しましょう!
    ※ 何回かに分けて、ちょこちょこつまむ様にしてください。


  • 花びらの端にグルーガンを付け、もう1枚を扇状になる様に重ねて付けます!
    さらに同じように1枚付けて、全部で3枚繋げてください。

    【作り方のコツ】

    この時、花びらが互い違いになる様に付けてください。

  • 3枚目の端にグルーガンを付け、1枚目の端を重ねて付け輪にします!

  • リボンで作る「リアルなバラの花」の作り方 手順10~11

  • 同じ要領で、花びら5枚で輪を作ったら、
    次の段も同様に、花びら7枚で輪を作ります!

    吹き出しicon「L01」

    これで、7枚(1段目用)・5枚(2段目用)・3枚(3段目用)の
    「3組の花びら」が作れた訳です。d^^


  • 最後に、3組のバラの花びらを組み立てます。

    1段目(7枚)の中央にグルーガンを付け、
    2段目(5枚)の輪を付けたら、同様に3段目(3枚)もグルーガンで付けます。

    手順⑥で作った花びらを、中心にグルーガンで付けたら「バラの花は完成」です!

    【作り方のコツ】

    丸めた花びらを中心に付ける際は、
    付けてしまう前に1度大きさを合わせ、大きければカットしてください。d^^

 
続いて、「バラの葉」のパーツを作っていきましょう♪

さらに「リアルなバラ」を作るために、
『バラの葉っぱ』を作っていきましょう♪

葉っぱのパーツを付けずに、
バラの花だけでも、もちろん構いません。
(用途に合わせて、葉っぱを付けてみてください。d^^)


  • リボンで作る「リアルなバラの花」の作り方手順『完成』

  • 9cmにカットしたリボンを、幅2.5cmで斜めにカットし、
    写真の様な3枚の形を作ります!
     

  • 一辺を残して、5mmの切り込みを周りに入れたら、
    カットした部分を、ライターで炙ります!(※これを3枚作ります。)

    【作り方のコツ】

    「葉っぱのギザギザ」をイメージしてカットしてください。d^^

  • 葉っぱの中心にグルーガンを付け、バラの花の本体に付けたら『完成』です!

    【作り方のコツ】

    三角形に配置するとバランスが取れますよっ d^^ (葉っぱは、2枚にしてもOKです♪)

 
実際に作ってみると、
意外と簡単に「リアルなバラの花」が完成したと思いますが...

 
いかがでしたか!?

 
もちろん、作りたい用途に合わせて、

  • バラの花の色を変える!
  • 葉っぱの色を変える!
  • 葉っぱの枚数を変える!
  • 葉っぱをつけない!

などなど、お好みで自由にアレンジしてみてくださいねっ♪


Sponsored Link

-DIY
-, , , , , ,

Copyright© Let's!ガーデニンGooooods♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.