ドライフラワー(シリカゲル)の作り方♪バラを2つの方法で比較!

更新日:

ドライフラワー(シリカゲル)の作り方♪バラを2つの方法で比較!

 
『お花の寿命』は、あまり長くありません!

 
例えば、プレゼントされたバラの花束など、
「できれば、もっと長く楽しみたい!」
「捨てるのはもったいない!」と思ったことはないですか?

また、バラを吊るしておいても、
きれいにドライフラワーにする事ができない...(泣)
といった経験がある方も、いるかもしれませんね?

 
確かに、吊るして作る「ハンギング法」の場合、
花がしぼんで小さくなってしまうし、色あせもしてしまいます。
(それはそれで、ナチュラルな雰囲気は出せますが... d^^)

今回ご紹介する
シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方』をすれば、
「生花に近い状態」で、ドライフラワーにすることができます!

 
シリカゲルを使った2種類の作り方で作った、
それぞれの「バラの花」を、実際に比較してみました。

また、これらの作り方の
「メリット」「デメリット」についても、簡単にまとめてみました。d^^


Sponsored Link

ドライフラワーの作り方

『ドライフラワーの作り方』には、

  • ハンギング法
     ・吊るして自然乾燥で行う方法!
     
  • ドライインウォーター法
     ・少量の水につけてそのまま乾燥させる方法!
     
  • グリセリン法
     ・グリセリンを水分の代わりに、花に吸収させる方法!
     
  • シリカゲル法
     ・シリカゲルで乾燥させる方法!

など、いろいろな方法があります。

 
もちろん、ドライフラワーの好みもありますが ...

これらの方法の中で、バラの花に1番適している!
と思われるのは、ズバリ!「シリカゲル法」です。d^^

なぜなら、簡単で失敗も少なく、
より生花に近いドライフラワーが作れるからです♪

 
シリカゲル法で、ドライフラワーにする場合は、
一般的に、花の部分をドライにします!

 
また、使用目的では、

  • アレンジメント
  • リース
  • レジン
  • ハーバリウム
  • ボタニカルキャンドル(キャンドルに花などの植物を閉じ込めたもの!)

などに使用することができます。d^^

 

『葉っぱの付いた長い茎のまま』の状態で、
ドライフラワーにしたい場合でも、できなくはありません!

しかし、
その場合は、長い容器に立てる様に入れることになるので、
当然、「シリカゲルが大量に必要」になります!

また、それなりの容器(パスタ用タッパーなど)も必要です。d^^

 

シリカゲルでドライフラワーにする2つの方法

シリカゲルで、ドライフラワーにする場合、
市販されている「ドライフラワー用のシリカゲル」を使い、

  • 『自然放置』してドライフラワーにする方法
  • 『電子レンジ』を使用してドライフラワーにする方法

の2つの方法があります!

バラの花をシリカゲルでドライフラワーに!「2つの作り方」

 

ドライフラワー(シリカゲル)の作り方

ではさっそく、『シリカゲルを使った2つの作り方』で、
バラの花をドライフラワーにしていきましょう♪

吹き出しicon「L01」

ちなみに、今回使用したのは、
市販されている、一般的な「ドライフラワー用シリカゲル」です。d^^

 

「自然放置」での作り方

まずは、「自然放置での作り方」から説明していきますが、
「電子レンジを使った作り方」も、途中まではまったく同じ手順です。


  • シリカゲルでバラの花をドライフラワーに!「自然放置」での作り方 手順1~3

  • バラの花の部分だけを残すように、花の根元部分で茎を切り落とします!
     

  • 大きめのタッパーの底に、3cm程度シリカゲルを敷いたら、
    重ならないように、バラの花を並べます!

    (花がすっぽり入って、少し余裕がある位の容器がベストです。)


  • 隙間や花びらの間に、シリカゲルをゆっくり入れていき、
    花全体(花びらまで)がすっぽり隠れるまで入れます!
     

  • そのまま蓋をして、冷暗所で1週間~10日程度置いておきます!
     
  • 完成

    シリカゲルでバラの花をドライフラワーに!「自然放置」での作り方 手順4~完成!

     
  • 少し様子を見て、花びらがカリカリになっていたら、
    そっと新聞紙などに空けて、取り出せば「完成」です!

    (取り出すときは、花びらが壊れやすいので気をつけてください。)

取り出した後は、シリカゲルが花びらの間に挟まっています!

静かに逆さまにして振りながら、静かに払い落としましょう d^^

吹き出しicon「L01」

化粧に使う「フェイスブラシ(おしろい筆)」を使って、
静かに払い落とすと、キレイに落ちますよっ♪


Sponsored Link

「電子レンジ」を使った作り方

「電子レンジ」を使って乾燥させることで、
ドライフラワーを、素早く完成させることができます!

  • までの工程は、
    「自然放置」での作り方手順と同様ですので、割愛します。d^^
     

  • タッパーの蓋をしないで、600Wに設定した電子レンジに入れ、
    20秒ごとに止めて、様子を見ながら徐々に温めます!
    (全体で、1分半程で十分だと思います。)

    ※500Wの場合は、30秒ごとに様子を見ましょう!

  • 完成

    シリカゲルでバラの花をドライフラワーに!「電子レンジ」での作り方 手順4~完成!

 

初めのうちは、
小さい容器に1つずつ入れて行うと、失敗が少ないです!

吹き出しicon「L01」

取り出した後も、シリカゲルは非常に熱くなっているので、
しばらくは触らないようにしましょう。

 

吹き出しicon「L01」

バラのドライフラワーが完成したら、さっそく飾ってみましょう♪

ドライフラワーの飾り方(「瓶」に入れて飾る方法)」については、
別記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください d^^

また、
簡単な「バラのドライフラワーアレンジメント」の作り方!もご紹介しています♪

バラのドライフラワーアレンジメント♪作り方と保存方法はコレ!

 

バラを2種類の作り方で比較してみた!

「電子レンジ」を使って乾燥すれば、
素早くバラをドライフラワーにする事ができるのです。d^^

時間を短縮できるなら、それに越したことはありませんよね。

 
しかし、「ドライフラワー用シリカゲル」の裏の作り方には、
この方法は記載されていません。

ちょっと気になります...。

ドライフラワーの作り方!シリカゲルを「電子レンジ」で使うと!?

 
そこで
「自然放置」「電子レンジ」で作った場合に、
どの様な違いがあるのか?

実際に、2つの方法で作った、
「バラのドライフラワー」で、比較してみました!


ドライフラワー「バラを2種類の作り方(シリカゲル)で比較」1

 
赤いバラの花の場合、花びらの色味はさほど違いがないですが、
根本部分の色味や質感は、かなり違いがありました。


ドライフラワー「バラを2種類の作り方(シリカゲル)で比較」2

 
黄色と白色のバラの場合は、一目瞭然!
花びらの色味や質感にも、かなりの違いが見られますよね。

吹き出しicon「L01」

特に、
自然乾燥で作った黄色いバラの花は、鮮やかさがピカイチでした♪

 

2つの作り方の「メリット」と「デメリット」

「見ための違い」に関しては、以上の様な結果でしたが ...

その他の違いも含めて、
『メリット』『デメリット』について、まとめておきましょう。d^^

「自然放置」の場合

  • 【メリット】
    • ・何回も取り出さないので、形が崩れにくい!(失敗しにくい)
    •  ※他の色も、すべてキレイにできました。d^^
  • 【デメリット】
    • ・1週間~10日という長い時間がかかる!

「電子レンジ」の場合

  • 【メリット】
    • ・たった数分間で素早くできる!
  • 【デメリット】
    • ・何回も様子をみるので、形が崩れやすい!(失敗しやすい)
    •  ※赤いバラの場合は、比較的失敗しにくい気がします。d^^
       (他の色でも試しましたが、薄い色は焦げやすいかもしれません!)

 
すでにお気づきだと思いますが ...

「自然放置」「電子レンジ」を使った方法では、
メリットとデメリットが『真逆』になる!という事なんです。d^^

 
もちろん、どちらの作り方でも、
「バラの花をドライフラワー」にすることは可能でした!

ですが ...

『確実にきれいに作りたい!』という場合、
時間はかかりますが、「自然放置」での作り方をおすすめします♪

吹き出しicon「L01」

『とにかく、はやく作りたい!』
『失敗してもたくさんバラがある!』といった場合には、
数分で素早くできる「電子レンジ」で作るのもいいかもしれません。d^^


Sponsored Link

-ハンドメイド・DIY
-, , , , ,

Copyright© Let's!ガーデニンGooooods♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.